読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の春フェス YON FESに行ってきた

 

 

f:id:clearkuria:20160425100956j:plain

 

4月3日

04 Limited Sazabys主催のロックフェス、YON FESへ行ってきました。

 

f:id:clearkuria:20160425105308j:plain

(引用 http://www.04limitedsazabys.com/biography/

 

04 Limited Sazabysとは?

通称フォーリミ。

2015年メジャーデビュー。

名古屋を拠点に活動する若手ロックバンド。

ハイトーンボイスとメロコア性の高い楽曲を武器に、若者に絶大な支持を得ている。

 

人気曲


04 Limited Sazabys『swim』(Official Music Video)

 


04 Limited Sazabys 『monolith』(Official Music Video)

 


04 Limited Sazabys「Terminal」(Official Music Video)

 

そんなフォーリミが開催する、初主催フェス。

その顔ぶれも、キュウソネコカミ、BACK LIFT、BLUE  ENCOUNTと同世代のバンド仲間たちがフェスを盛り上げてくれる。

 

 

今回好きなバンドがメインステージに固まっていたので、メインのSKY STAGEの雰囲気を紹介します。

 

 

 

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2日目のトップバッター。

最初から居ることができなかった為途中から。

名古屋ど真ん中計画の二組(1日目はBACK LIFT)に任せるあたりにニヤリとしてしまう。

 

当日はまだボーカルが脱退を発表する前だったこともあって純粋に楽しむことができたのだけれど、発表されてからは「もっと早起きして最初から見とくべきだった…」と後悔。

今決まってるライブが終わってから活動休止になるそう。これからも頑張って欲しい。

 

 

キュウソネコカミ

とにかく面白い!

パフォーマンスも、曲も、Vo./Gt. ヤマサキセイヤのMCも面白い。

いつもの、人の上を歩くやつもやっていました。

NEKOSAMAでGENさん出てきてびっくり。ハイトーンボイスで歌い上げるGEN△

 

何より一番面白かったのが、キュウソネコカミの時だけ雨が降るという。

持っているな、キュウソ。

 

 

BLUE ENCOUNT

武道館公演が決定し、今とてもノリにノっているバンド。

ガンダムの主題歌を担当したのも記憶に新しいですね。

この日はBLUE ENCOUNTを一番見たかったので雨を吹っ飛ばしてくれたキュウソに感謝。ハッピーでポンコツ。

 

真ん中あたりに居たんですがダイバーが多いこと多いこと…

柵まで届かず途中で落ちる人多し。

生き残れなかったようです。we are 最後のsurvivor

 

LIVERのタオルでまたもやGENさん登場。

タオル振ってました。

 

 

SHANK

ごはんを買いに行ったので少ししか見れませんでした。

ここまでぶっ続けで見てたのでだいぶ疲れてました。休息ほんと大事。

写真を撮るの忘れましたが飛騨牛ステーキ丼を食べました。

1300円もしました。

これぞフェス飯。

 

SHANKのこと全然書いてないのでSHANKのこと書きます。

これで見るのは二回目になるのですが、初めて見たときは名前も知らない時だったのであまり覚えていません。

 

ほぼ初めて見るSHANKはとてもかっこ良かった。ハマる。

あとからセットリスト見て知ったんですが12曲もやっていたそうです。

SHANKやべえ。(メロコアは曲が短いので曲数多くできる)

 

KEYTALK

武道館を終えたバンド、KEYTALK

正直、完全に曲と名前が一致するのはMONSTER DANCEだけで、あとの曲は「聴いたことあるけど名前が分からない」状態。

でもやっぱりKEYTALKはステージ映えしますね。

メリーロックでも見たのですが本当に勢いがあるバンドだなと。ちゃんとCD聴こ。

 

04 Limited Sazabys

いよいよ主催者であり、トリのフォーリミ。

天気もずっと曇り空で、よく持ちこたえてくれました。

 

一曲目、全然知らない曲だと思ったらこれ、めったにやらない758(読み なごや)って曲だったんですね。

フォーリミが好きになったのはここ一年くらいなのでそりゃ分からないわけだ。普通に新曲かと思ったもん。

 

その後はいつも通りのフォーリミ。

monolithfictionmidnight cruising

など盛り上がる曲ばかり。そしていつも通りダイバーの嵐。

 

アンコールでは新曲のリリース発表とともに新曲披露。

climbという曲だそうです。2ビートバリバリ。

これからも沢山のダイバーの山が築けるでしょう。

 

最後はswim

YON FESのラストを締めくくりました。

 

 

 

感想

本当に楽しかった!

今回初めてモリコロパークへ行ったんですが、野外フェス開催にぴったりな場所でした。

てかこれが無かったらこの先一生行かなかったと思う。

 

愛知の野外フェスといえばトレジャーが浮かぶんですが、「愛知といえばトレジャーとヨンフェス」となるように、これからも毎年続いて欲しいですね。

どこかのインタビューで10-FEETTAKUMAさんもヨンフェスに呼んで欲しいと言っていたので、来年以降は10-FEETBIGMAMAといった大物も呼んで欲しいですね。

 

 

モリコロパークにテンフィなんて来たらチケット争奪戦になりそうですが。

 

 

 

 

 

 

MOMENT [DVD]

MOMENT [DVD]