読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨年復活した D.Gray-man 再アニメ化

 
入れ替わりが激しいジャンプの漫画で未だに連載が続き、読んでいる作品があります。
 

 

D.Gray-man 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 
 

 

 
 
ストーリー
時は仮想19世紀末。
悲劇を嘆く弱い心によって呼び出された魂を、魔導式ボディに閉じ込めることで作られるAKUMAは、殺戮を繰り返すだけの殺人兵器となり、さらなる恐怖と悲劇を生み続けることで進化していく。AKUMAを製造するのは、世界の終焉を目論む千年伯爵率いる「ノアの一族」。そのAKUMAを破壊できる唯一の存在が「黒の教団」率いるエクソシストたち。はるか昔から続く両者の戦いは、何者かに筋書きされた「裏」の真実があった…。
 
 
 
 
2004年に週刊少年ジャンプにて連載がスタートし、2006年にはアニメ化とヒットした作品。
ダークファンタジーな世界観、丁寧に描かれた絵柄などが好評を博しました。
 
しかし作者の急病により連載の長期休載や不定期の休載が重なって、赤マルジャンプへの掲載を経て月刊のジャンプSQ.へと移籍
 
 
 

 

ジャンプ SQ. (スクエア) 2010年 07月号 [雑誌]

 

 
 
しかしその後も休載を繰り返し、ついに月刊でも長期休載に突入してしまいます。
よりにもよってその時の連載内容が千年伯爵と対峙するという場面でとても続きが気になる展開。
 
2年間に渡る休載により読者は生き殺しをくらいました。
休載しても良いけど読者を救済してくれ!
それにしてもヴァルヴレイヴとは何だったのか。
 
 
 
 

 

ジャンプSQ.CROWN 2015 SUMMER (未分類)

 

そんな中、昨年ついに復活。
新増刊されたジャンプSQ.CROWNにて再開。
このCROWNは季刊誌なので1年に4回のペース。
という事は必然的にDグレも年に読めるのはたったの4話。
話のペースも週刊連載の時と同様、とても遅いです。
こりゃ完結するのは20年後だ。
 
 
 
 
 
 
結構な休載でファンもだいぶ離れたのではないか、
と思いきや10年振りにアニメが再開するそうです。
 
 
 
f:id:clearkuria:20160531101014j:image
 
 
 
物語はなんと前作の続き(レベル4本部襲撃以降)で、しかも声優オール変更だそうです。
前作と比較されることは免れませんが、何とか頑張ってほしいものです。
 
 
 
 
 
 
いつの間にか星野先生のライフワークとなりつつあるDグレ
ついに最新25巻が発売し、アニメも7月に開始。この軌道に乗って新規ファンや、離れていったファンの心を掴み、また再ヒットしてくれることを願います。
 
 
 
(6月1日追記)
6月にアニメ一期の2年目(咎落ち〜レベル4)をニコニコ生放送で一挙放送するそうです。
 
 
 
 

 

 

 

D.Gray-man 25 (ジャンプコミックス)

D.Gray-man 25 (ジャンプコミックス)

 

 

 

 

 
アニメは原作のどこまでやってくれるのだろう。